COMITIA105お疲れ様でした。

COMITIA105お疲れ様でした。

当日、スペースに足を運んで下さった方々本当にありがとうございました。
本・ポストカード等お手にとって頂き感謝です。
話しかけて頂き、色々なお言葉を頂戴出来て、とても貴重な時間を過ごせました。


次回は10月20日開催のCOMITIA106に参加予定です。
詳細等はまた、決まり次第お知らせします。

新しく本やポストカード等作りたいと思います。


これからもよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

言葉と言葉を繋ぐ歌

言葉と言葉を繋ぐ歌がある。
それは、いろはのうたの文字を組み合わせ、
音にのせて運んだ歌。

流れ流れて人人へと伝わっていった歌は、
時代を越えて今私の元へとやってきた。

私は歌う。

そして歌はまた別の所へ流れ流れ、
また新たな人へと



良い歌は、時が流れる今もなお、生き続けている。

COMITIA104お疲れ様でした。


COMITIA104お疲れ様でした。
スペースに足を運んで下さった皆様に感謝です。

次回は8月参加出来たらと予定しています、
その辺りの詳細はまた改めて行います。

本当にありがとうございました、

桜文

拝啓………

桜の季節、貴方は何を思い、何を感じますか?

この季節は、出会いと別れが多いですね。
あたたかい春の風が吹くと、ひらりひらりと散る桜の花のように
何かが私の心から零れ落ちているように感じます。

切ない思いを抱き、新しい日々を過ごし
いつかあの頃の記憶も、いつかは思い出となり消えていくのでしょうか。

ひらりひらりと散るように、
全てが儚い夢なのでしょうか。

見上げたそこには満開の桜がありました。
その姿はまるで、私の心の内をわかっているような、伝わっているか様に
私の差し出した掌へ、その滴を零すのでした。

ひらり ぽろり ひらり ぽろり


嗚呼、頬を伝うのは花びらかそれとも…、


敬具………

言葉の意味

言葉には、それぞれの意味がある。
軽いものもあれば、重いもの、深いもの、温かいもの、冷たいもの、様々である。

ある曲を聴いて、「愛しい」の言葉の意味に触れた。
曲と声と、言葉の意味が合わさった時、それはとても感動するものとなった。
温かい、それが一番はじめに浮かんだ感想だった。

一つ、「愛しい」の深みを知れた。
知れたこと自体も、もしかしたら「愛しい」の意味のごく僅かな、数%の事かもしれないけれど、
この一つの深みを知れたことに大きな意味があると思った。

一つの深み、様々な考えの中の一つとして心に飾ろうと思う。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。