弐〇壱弐年の終わり

本日は、弐〇壱弐年最後の日であります。

ブログやサイト等訪問して下さった皆様、
本当にありがとうございました。

来年も、
たくさんの絵巻物を綴り、活動していきますので
どうぞよろしくお願い致します。







本日で、一年が終わり、また新たな年が明けようとする。
まっさらな巻物へ綴っていく、独創世界。

訪問して下さった皆様に感謝。




スポンサーサイト

小さな妖怪の日記:弐

クリスマスという催しを楽しんでいる人間達を
遠くから僕達は覗いて見ている。

みんなケーキを食べたりおもちゃを貰ったりしていたよ。
僕達の世界には、クリスマスって無いから
人間は良いな、って思う。

でも、僕は妖怪のままでいいや。
自由気ままに好きなことをして暮らせるから。

だから、毎日をクリスマスにすることも出来る。
今日はクリスマスしよう!

今からでも間に合うかな。
今度、僕もサンタって人間におもちゃがほしいって
言ってみようかな。



…小さな妖怪の日記より…







訪問ありがとうございます。
感謝。

小さな妖怪の日記

どうやら人間の世界では、この日、地球が終わる?と言われているらしい。
それって、僕達の住む世界も終わるって事なのかな?

その事を先生に尋ねてみたら、こう言ったんだ。

「終わるのではなく、一つの区切りなんですよ」

一つの時代が終わって、また新たな時代がはじまるんだって。
僕にはよく分からなかったけれど、それは良い事のように僕は感じた。
今までの辛くて悲しい日々を過ごしていた者達にも、
きっと希望がある時代なんだって。

僕は、先生の言った事を信じることにした。
これから何が起きるのか、楽しみだね。



…小さな妖怪の日記より…








訪問ありがとうございます。
感謝

師走の忙しさ

師走


もう師走。
人間ではない者達も、忙しく年越しの準備をしているようです。
今年は寒いから、火を絶やさないようにしないとね。

火を持つ私の後ろから、凄い風と共に何かがやってきた。

おっと危ない!

後ろから風に乗ってやってきたのは
お師匠様にお届け物を頼まれたカラス天狗君。
申し訳ない、急ぎの用事だったので。

おや、今年の火の役目は貴方なんだね。
大変だろうけれど、頑張ってね。



今年の冬は寒い。
この火は、皆に暖かさと明るさを届けることになるだろう。






訪問、拍手等ありがとうございます。
感謝。

予期せぬ邪魔者

予期せぬ




夢や未来へ希望を持つ人々の処へ
邪魔者がやってくる時がある。
奴は人の持つ光り輝く心の言葉を壊そうとするのだ。
そして、邪魔された者が嘆き悲しむ姿を観ては楽しんでいる。
邪魔者はどこにでもいる。
それは大きな流れの中にある者かもしれないし、ごく身近にある者かもしれない。
あるいは知らぬ者の時もあるだろう。


しかし、そこで負けてはならない。
強く心に言葉を持て。
そしてこうしてみよう。
邪魔された時は、流してしまいなさい。
奴を相手にしてはいけない。
知らぬふりをすればいいのです。
構われないとわかると、奴はどこかへ消えてしまうからね。


全ての柵が消えた時、霞かかった道はみえてくるだろう。
心の言葉とともに歩んでいこう。




訪問ありがとうございます。
感謝。

小さき者3

小さき者


夜道を狐火の案内で歩いていると、小さな屋敷にたどり着いた。

「今日はここで休みなさい。」

その屋敷は人の住んでいる気配はありませんでした。
戸を開けてみると、そこには独りの座敷童子が居た。
久しぶりのお客に童子はとても嬉しそうに駆け寄ってきた。

「いらっしゃい」

僕達は屋敷に泊まることになった。
童子は、僕と遊びたいらしい。
紙風船や風車、お手玉等色々と持ってきて、僕に渡してくる。
最後に、童子は古い本を持ってきた。

「これ、主が書いた本だよ」

童子は主との思い出を語ってくれた。
ポロポロ、涙を流しながら。

「もう会えないの。主は旅に出てしまったから還ってこないの。
 さみしい。」

「元気出して、そうだ!僕と一緒に旅にでようよ。
 そして新しい主をさがそう」


童子はその提案を受け入れるか否か。
暫く考え込んでしまった。






訪問、拍手等ありがとうございます。
感謝。

時間の中で

時間を守る番人が居る。
誰も知らない場所でひっそりと暮らしている。
時間を操作出来る時計を持った番人だ。

番人は誰にも知られてはいけない。
時間を操作出来る者が居ると知られると、
皆がやって来てたくさんの依頼をしてくるからだ。

あの時へ戻りたい。やり直したい。先のことを知りたい。等
あなたなら、何処へ行きたいですか?
そして其処で、何をしたいのでしょうか?

時計の針が刻む音が聞こえる。


今も時は進んでいるのだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。