おつかいもの

おつかいもの

書物を集めてまわる姫様と使いの弐匹。
今回は和のお國で歴史書探し。

姫様は学ぶのがお好きで、
こうして時々、こちらの世界へ来ては、
資料を集めているのです。

それにしても、
最近のこの世界の方々は、
紙ではなく、箱に歴史を記しまとめているようで、
巻物は少なくなりましたねえ。

姫様、まだお探しになられるのですか?


次はあっちじゃ、

かしこまりました、姫様。



…………………
気楽和京
Homepage
Pixiv
Twitter
…………………
スポンサーサイト

お知らせ 追記あり

お知らせ


今まで、ブログ内に設定されていたメールフォームが上手く作動していない状態でした。
大変申し訳ありませんでした。
もし、メールフォームにてメッセージを送信した方がいましたら、
ホームページ内の『手紙』から再度お送り頂けると幸いです。
PCから観覧の際にあるカテゴリーにて新たにメールリンクを貼り直しました。

今後ともよろしくお願い致します。


…………
追記

動作確認が出来たので、メールフォームを再度設置しました。
何かありましたらお気軽にご連絡下さい。

よろしくお願い致します。

集合のお迎え

集会のお迎え

おやおやおやー!
やはり居眠りをされておられたか!

起きて下さい!!
本日は月に一度の集いですぞ、

雷の子はいつもマイペース過ぎます。
もう皆々様はご到着なさっていますよ、
火の子の火輪殿も、水の子の水蓮殿も、
風の子の風達殿も、地の子の大地殿も、
貴方を待っています。

ほら、雷様が覗いています、
早くしないときつい稲妻を落とされてしまいます!

すやすや眠る雷の子、
さあさ、起きて行きましょう、
貴方のお友達が待っていますぞ、



…………………
気楽和京
Homepage
Pixiv
Twitter
…………………

手鞠月

手鞠月

厚い雲が雨を降らしている夜中、天を仰げば、
てん、てん、と鞠をつく音が聞こえてくる。
鞠で遊ぶ者が独り。
金色の鞠は何処か見覚えがある円の姿、
覆う衣は夜空の煌めき、

たまには一休みして、
遊んでいても良いではないか。

そこの君、私が見えているのなら
ちょいと付き合わないかい?
夜空の楽しみは夢のような一時。


そうだ、一緒に蹴鞠をしようではないか、
月で蹴鞠なんて、贅沢だろう?



…………………
気楽和京
Homepage
Pixiv
Twitter
…………………

言葉と言葉を繋ぐ歌

言葉と言葉を繋ぐ歌がある。
それは、いろはのうたの文字を組み合わせ、
音にのせて運んだ歌。

流れ流れて人人へと伝わっていった歌は、
時代を越えて今私の元へとやってきた。

私は歌う。

そして歌はまた別の所へ流れ流れ、
また新たな人へと



良い歌は、時が流れる今もなお、生き続けている。

風の手

風の手


旅の途中、出会った方から小さな巻物を頂いた。

「君はこの子を大切にしてくれると思うから」

その方は人間のようでそうでない、
不思議な方だった。

僕が巻物の中を見ようとすると驚いた、
風が出てきた!

そよそよと吹く心地よい風。
植物達はそれをとても喜んでいた。

僕は風に乗った。
小さな綿毛がゆるやかに飛ぶように、
ふわりふわりと空の上へ行こう。
これからの旅が楽しくなりそうだ。



…………………
気楽和京
Homepage
Pixiv
Twitter
…………………
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。